スムージーダイエットを始めよう!おすすめランキング

スムージーダイエットランキング

スムージーを飲みダイエットしよう

 

 

ダイエットにスムージーがよく使われているようです。私自身は単に美味しいからという理由でスムージーを摂っていたのですが、スムージーがダイエットに多用されているのが現実のようです。

 

もちろん、美味しいからというだけではなく、食事としての面もありますよ。スムージーだけで、ヘタに普通の食事をするよりも栄養が摂れちゃいますからね。しかも、飲みものですから、簡単に口にできますし。当然のことながら、水や豆乳などとミックスさせますから、水分補給にもなりますしね。

 

栄養価が高く、簡単に短時間で摂れて、さらに水分補給にもなる、と。あ、加えて、ダイエット効果もあるわけです。

 

「○○だけ」…

 

「置き換えダイエット」という言葉を御存知でしょうか。その昔、りんごだけ、あるいは、バナナだけ、を食べ続けるダイエットがありましたが、あれが「置き換えダイエット」です。ただし、これも御存知のように、途中で断念したりリバウンドしたり、そもそも効果がほとんどなかったり、といったことになりました。

 

ですが、スムージーの「置き換えダイエット」は、上記のもののように栄養が偏ることはありません。そもそも「スムージー」という言葉は、食材を限定させる意味はありません。「これだけ」と限定されるものではないんですね。

 

ですから、気分によってスムージーの材料を変えてみるのもいいでしょう。基本的には小松菜やほうれん草などの葉物野菜が中心となりますが、これらに果物を適宜加えて味を変える、つまり、栄養を変えることができます。

 

スムージーの栄養成分

 

スムージーを健康増進目的で飲む人が増えているようです。ただし、スムージーというのは、その材料を限定していないという手軽さがある反面、いつも同じ食材ばかりを使っていると、栄養の固定化、そして、偏りが生じます。スムージーで健康増進を、と思っていたにも関わらず、逆に、偏ってしまうこともあるんですね。

 

「グリーン」という名前から野菜だけを想像しがちですが、スムージーには果物も入れます。ただし、繰り返しますが、この果物も限定されませんから、自由です。

 

思いつく果物、手に入りやすい手頃な果物を考えるだけでも、片手の指では足りないはず。メジャーどころではバナナやレモンなどが使われますが、果物を変えるだけでも、それだけの種類のスムージーがつくれることになります。

 

食物繊維やミネラルが手軽に

 

食材が限定されないスムージーですから、当然のように、その食材によって栄養が変わってきます。つまり、ほぼどんな野菜にも含まれるビタミンや食物繊維は摂れますが、その量や種類は使用する食材によって変化します。

 

また、甘みや酸味を加えるために使う果物は、軟らかい皮ごと使用しますので、皮のすぐ下にある果物の栄養素もとり込むことが可能です。こうした栄養素が細かくなっていますので吸収しやすく、体にとって優しい飲みものですね。こうして、食物繊維やミネラル、酵素などが得られます。それでいて、カロリーは低いと来ていますから、いいこと尽くめですね。

 

グルコサミンに副作用はある?

 

グルコサミンに関しては肯定的な情報があふれているのですが、実際には副作用があるのではないかと心配されている方も少なくないと思います。

 

基本的には副作用の心配はしなくても良いとされています。なぜなら、もともと人間の体内にある物質ですから、それがあることで体に異常をきたす可能性は低いのです。しかしながら、もしもアレルギーを持っている方は注意しなければなりません。

 

グルコサミンの原材料にはエビやカニなどの甲殻類が使われていることが多く、そうした甲殻類にアレルギーを持っている人であれば、甲殻類由来のグルコサミンではなく植物由来のものにしなければアレルギーを引き起こすもとになってしまいます。ですから、必ず原材料については確認するようにしながら摂取しましょう。

 

また、どんなに体にいいと言っても過剰摂取には注意すべきです。一日の摂取量の目安は1000r〜1500rとなっていますが、これは年齢や体格、性別によっても変わりますし、グルコサミンのサプリメントの場合は効率的な補給を目的にしていますので、体に良さそうだと頻繁に摂取していると簡単にこの量を超えてしまいます。

 

過剰摂取によって、胃痛や便秘、もしくは下痢などを生じる可能性がありますし、実際にそうなったという事例も数多くあります。特に胃腸が弱い方は少し摂取量を少なめにするように自分で調整しましょう。できれば空腹時ではなく、食事と一緒に摂取するようにすると胃や腸にかかる負担を少なくすることができますのでおすすめです。

 

そして、医師との相談が必要な場合もあります。具体的には、妊娠中の方、授乳中の方、糖尿病の方がその対象となります。これはグルコサミンの成分が場合によって母体を通って胎児や乳児に悪影響を与えたり、アレルギーを持っている子の場合はアレルゲンとなる場合があるからです。

 

また、糖尿病の場合、グルコサミンがアミノ酸の一種であり、血糖値を上げてしまう危険性が指摘されていて、摂取によって症状を悪化することがあるそうです。グルコサミン自体は安全な物質ですが、各自の体質や体調によっては有害になることもありますので、注意するようにしましょう。

 

こちらも一緒に>>>育毛に効くサプリはどれ?薄毛・AGA・抜け毛におすすめ!

 

更新履歴